[影響力の武器] メモ

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか」からのメモ

004 七面鳥の子育て

005 カチッ・サー

008 理由、コピーをとらなければならないので

014 判断のヒューリスティック、専門家と簡便法

015 カチッサーに危険性→安全策

016 機長症候群(captainitis)

018 蛍の殺し屋と自然淘汰

019 若い男性、ハネカクシ

020 値下げ品、高値のもの=良いもの

021 柔道、重力、てこの原理、運動量、慣性、もともと自然に存在する法則固有の力、自動的な影響力

022 コントラストの原理、重さの順序、学生と水、洋服とカーディガン、オーバーブッキング(ジョークと300ドル)、セットアップ物件、車のオプション

035 返報性の原理、クリスマスカード

038 メキシコとエチオピア、目先の自己利益を超越する、義務感があらゆる抵抗勢力に勝利する

042 要請者に対する好意というような、普通だったら承諾に働くような要因の影響をいとも簡単に凌いでしまった

046 I giveの未来形は… I take(≠ I will give )

125 フット・イン・ザ・ドア 自己イメージを操作するために小さなコミットメント +(行動を含む、公衆の目にさらす、努力を要する、自分の意思で選ぶ)

152 人は外部から強い圧力1)魅力的なご褒美や景品、脅迫などを受けずにある行為をすることを選択すると、その行為の責任は自分にあることを認めるようになる

155 「いけない+強い脅し」(外から) < 「罰せられるかもしれないのに行うことは賢くない」(自分の中から)

156 「強く明白な脅し」 < 「確信させるというもっと大きな目標」

157  「短い時間だけの承諾」 < 「長期間にわたるコミットメント」

158 一貫性を保とうとする欲求→コミットメントを正当化するために理由を作り出していく(理由が新たに付け加えられる)→元々の理由がなくなっても新しく発見された理由だけで正しい行動を取ったと考え続けることができる。

159 自動車販売業者の「ローボール・テクニック」自分の選択を支持してくれる理由や、たった今自分が行った投資を正当化かする「新しい理由」を色々考え出していく。

164 ○○に関する知識と奏する意思があっても、習慣を変えるには十分ではない。

173 アンケート・・・ちょっと大げさに応えてしまうもの。それから物事が間違った方向に進んでいると分かっているときにコミットメントをしたら、それと機械的に一貫性を保つという課程に自分を縛り付けてしまう。・・・「あなたの要に知的かな方なら、このことがきっとお分かりになりますよね。」

175 満足感のうちどこまでが本物で、どこまでが馬鹿げた一貫性なのか・・・

176 理由が決定を導いたのではなく、決定が理由を作り出した

177 しばしば人の感情と新年が同じ方向を指さない。コミットメントが存在する状況では、それを支持する合理化が生み出されることが多いので、感情の方が適切な助言を提供してくれる。

この記事を書いた人

唐土 誠 (モロコシ マコト)
●関連サイト情報
〇ココモ法務 http://ccm.jp/
行政書士×IT経営×ファイナンス×保険
〇ダイビング情報 http://cocomo.jp
ダイビングスクール×ショップ×南国移住支援

References   [ + ]

1. 魅力的なご褒美や景品、脅迫など