[世界市場を動かす5の歴史的視点]

5つの歴史的な視点

このページは非常に読みにくいと思いますが、私個人の、内容を思い出す手段として書いていますので悪しからず。

序章

  • 愚者は経験に学び
  • 賢者は歴史に学ぶ

①中東発の世界的な危機は再発するか

  1. 中東がわかれば世界が分かる
  2. 中東はキリスト教、イスラム教、ユダヤ教発祥の地
  3. エネルギーが変える世界の地政学上のバラナス
  4. シェール革命が世界の金融市場に与える影響

②ユーロ危機はいつまで続くのか

  1. 構造問題を抱えるユーロ
  2. ユーロは命の同盟

③米国発のバブル崩壊は再発するか

  1. 米国のバブル崩壊は世界危機を招く
  2. 米国株の上昇はどこまで続くのか

④新興国発の世界的な金融危機はおこるか

  1. 中国リスクを検証する
  2. 新興国の新しい覇者はインドとASEAN

⑤アベノミクスは成功するのか

  1. アベノミクスは株高・円安を生んだ
  2. 企業はリーダーが重要

個人投資家のためのグローバル投資

  1. なぜ、今「グローバル投資」なのか?
  2. グローバル投資に欠かせない為替動向 – 3つのステップ
  3. 「新しい時代」のグローバル投資
  4. グローバル分散投資に適した金融商品と活用アイデア

この記事を書いた人

唐土 誠 (モロコシ マコト)

●関連サイト情報
〇ココモ法務 http://ccm.jp/
行政書士×IT経営×ファイナンス×保険
〇ダイビング情報 http://cocomo.jp
ダイビングスクール×ショップ×南国移住支援