縁尋機妙多逢聖因 – 安岡正篤

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

縁尋機妙(えんじんきみょう)

良い縁がさらに良い縁を尋ねて発展してゆく様は誠に妙なるものがある

※妙なる(たえなる) 言葉で表せないほどすばらしい。

多逢聖因(たほうしょういん)

よい人に交わっていると、気づかないうちに、よい結果に恵まれる

縁尋機妙多逢聖因 – 安岡正篤

縁尋機妙

まずいい人にあうこと

それにはいい場所に出向くこと

それがいい機会をうむ

良い人の多くのよきものと

多くの良縁を重ねましょう

安近短が好まれがちですが…

安近短(あんきんたん)とは?

レジャーや旅行の業界で、利用客が「安い費用で、近い場所に、短期間だけ」遊びに行く傾向のこと。

安近短自体は良いのですが、あるものを比較する際、少しの差で良縁を選ばない消費者が多いのも事実。

悪い縁からは悪い縁が広がります(当然ですね)

しかし

そういう人は悪い縁からも、良い縁を妄想しています。

  • 肯定的で、明るく前向き積極的な人にはそういう人が集まり、
  • 否定的で、暗く後ろ向きなでケチな人にはそういう人が集まります。

良い人も、善き事も絶妙のタイミングで出会いますが、

それを引き寄せているのは自らが作り出した縁です。