[思考は現実化する] 180 無知、知識を得る、知識を力に

マスターマインド知識の2つの種類

  1. 一般的知識
  2. 専門的知識

大学教授がそれほど富を持ってないのは・・・

  1. 教えるだけで活用しなければ富の蓄積には結びつかない
  2. 知識は力だと信じている人が大勢いる
  • 富を得るには明確な目標に向け、体系化し、活用すること
教育というのは・・・
  • 「Efucation」という言葉は、ラテン語の「EFUCO」が転訛したもの
  • 「EDUCO」とは人間の内部にもともと備わっている才能を引き出すこと

フォードは無知?

第一次大戦中、ある新聞が「ヘンリーフォードは無知な平和主義者」と論評したことから名誉棄損の裁判になり、その中で弁護士が「フォードを無知な人間だ」と証明するために意地悪な質問ばかりした。そのことにフォードは・・・

「私のデスクにはたくさんのボタンがある。その中の正しいボタンを押しさえすれば、必要としている知識を持った部下がすぐ来る。私があなたの質問に答えるために、一般知識を何もかも詰め込んでおく必要はない。」

・・・と。

富を蓄積する人が「すべての知識」を持つ必要はなく、必要な専門知識を持った人々の「協力を得ること」によって成功を収めることができる。

知識を得る方法・・・

  1. 自分の体験や自分の受けた教育
  2. マスターマインド(身近にいる協力者の体験など)
  3. 大学の公開講座
  4. 図書館(本は文明の最大の利器として活用すべき)
    定期的、継続的に必要なものは所有しておきましょう
  5. 特別講座(夜間講座とか通信講座)
  6. インターネット(一般に、体系化されておらず断片的、根拠の確認が必要)

この記事を書いた人

唐土 誠 (モロコシ マコト)

●関連サイト情報
〇ココモ法務 http://ccm.jp/
行政書士×IT経営×ファイナンス×保険
〇ダイビング情報 http://cocomo.jp
ダイビングスクール×ショップ×南国移住支援